雪まつり2020

 こういうときこそ地元の者が行かなければという妙な使命感で雪まつりに行ったのですが、現地は平日昼ならこんなものじゃろというくらいのそこそこの人入りでした。行き帰りの地下鉄は若干空いていたけど。
 休日になるとまた違うのかもしれません。
 SARSのときも同じようなこと言ってたかなー

 ここ数年やってきた手抜きな雪まつり見物な感じで、西12丁目から東に、主に小さな雪像を見て回るパターンで行ったのですが、数日前の大雪で市民雪像の大半は埋まってよくわからない状態になってしまっていました。残念。

P_20200210_130205_vHDR_On.jpg

 市民雪像によくあるパターンの、複数テーマの悪魔合体雪像。
 今年はラグビーワールドカップのネタというか、リーチマイケル像が多かったのですが、ヒゲの表現で細かくブツブツと穴を彫っているものがけっこうあって、蓮コラが苦手な人にはちょっとキツイ感じです。
 上の写真ではそういう表現を使っていませんね。安心。

 しかし、雪像作成期間は雪不足で大変とか行ってたのに、直前になって大雪とか、やってられませんねえ。

P_20200117_130323_vHDR_On.jpg

 先月中旬はこんな感じ。足場のところは全く積もってなくて地面が出ています。

 こういう極端にひどい降り方をしても、平均をとったら雪が少ない年だったとか雑に言われそうでちょっと不満ですよ。
 だからこうして何か書いて残しているわけですが。

 来年は余計なこと考えず、普通にまつりができるといいですね。
 

この記事へのコメント