作業場180819


 いろいろ塗ったり組んだり。

P_20180818_161608.jpg

 可変レギオスの胴体を接着できたので、ひとまず組み上げてみたもの。
 合わせ目の処理や造形がダルいところの修整など、気になるところはあるのだけど、完成が遅れるとズルズルと先送りしてしまうのでどんどん進めてしまいます。

 機首の着陸脚が収納できなかったので、干渉しているコックピットの部分をリュータで結構削り取りました。仮組のときはコックピットを組んでいなかったので、今更出てきた問題なのですが、力技でどうにかしました。
 当時組んだ時はこんな干渉なかったのだけど、何か変わったのかなー

P_20180819_111150.jpg

 タミヤラッカーのピュアーブルーを試し塗り。色合いはグフの胴体に合いそうです。
 青は使い勝手の良いものが少ないので、良さそうなのがあれば溶剤系かどうかを気にせず試しているのですが、これは発色十分で、顔料要素が多めらしく隠ぺい力も青ではそこそこなので、使いやすそうです。腕と足首は2回重ねたのですが、ここまで発色すればいいんじゃないかな。
 青は染料系のが多くて、何度重ねても下の色が見えるというものが目に付くので、下地を隠ぺいしてくれるのはありがたいです。

 タミヤのビン塗料は青色が今一つだったのですが、このピュアーブルーは使いやすそうです。

 塗っている素体のザクについてはどうでもいいです。

P_20180819_111231.jpg

 ジム2のシールドの赤を胴体とは違った色合いにしようと、Mr.カラーのシャインレッドを重ねてみたのですが、変化はほんのちょっとで一目だとわからないかなー
 本体と武具に同じ色を使わないようにというこだわりはあるのですが、そこへの手間があまりかかるようだと苦痛が増えてしまうので、このシールドはひとまずいいかな。

 雨の日が続いて、湿って寒いという夏らしくない気候が続いているのですが、割と意欲があるので塗り上がりが増えたらいいなと思います。

この記事へのコメント