参院選が終わったとか

55d49ada19eba9a907eb1dcc3e4c3bcd_s.jpg

 議員定数減が叫ばれる昨今ですが、北海道選挙区はなぜか定数が増えて3になったので、増えたところに何が入るのかというのは、割と注目されていたように見えます。

 結果がすぐに出るとは思わなかったので開票日はさっさと寝たのですが、目が覚めて結果を見ると、野党のやつが当選していました。得票数を見ると僅差だったようで、まあ残念だけどしょうがありません。
 野党議員を増やすと国会審議にノイズが増えるので、全く歓迎しておりません。

 全体で見ると、与党優勢という予想通りの結果で、今さら大したことを言うつもりはないです。
 なんか改憲扇動をしていたようですが、はっきり言ってバカですね。現状そんなことに割く手間はないし、改憲が発議されたところで気に入らなければ国民投票で否定するだけです。
 国民投票を知らないテレビ屋がいたとか聞きましたが、マスゴミがバカなのは既知なのでどうでもいいですよ。お前ら国民投票法案の審議中に何を言っていたんだとか、追求するのも億劫です。

 18歳に選挙権とか言うのも特になあ。お疲れさんですというしかないです。別に投票しろとか、投票しなければ政治に口出しするなとかいうつもりももうないのですが、せっかくだから投票行為は一度体験しておいても良いんじゃないかなとは思います。

 参議院は割とどうでもいいといえばいいのだけど、クソ議員を当選させると結構しがみつかれて鬱陶しいんだよねえ。中選挙区だと落とすのも大変だし、まあ鬱陶しい。

 選挙に関心を持った人は、これから議員の言動をそこそこにチェックして、少しずつアタリをつけておくと良いですよ。選挙期間になって調べるのは割と面倒だし、一所懸命やればやるほど時間が足りません。

 与野党を問わず、割とひどいものですよ。
 そんなもんです。

この記事へのコメント