作業場150315

 週末に粘土をこねていました。

2015/03/15

 封を開けてからかなり経つ樹脂粘土の様子を見てみたのですが、写真上にある紫と白のfimoは、ポロポロと崩れる感触で、水をつけてこねてもその感触が変わらなかったので、これはもう粘土として使うのは無理そうです。
 多分10年以上放っておいたからしょうがないね。
 嵩上げ用の端材とかに使うつもりですが、邪魔になったら捨ててしまうでしょう。

 100円ショップで買った樹脂粘土はまだ粘土として使えそうだったので、いろんな色を全部ひとまとめにしてこねておきました。色別にしておいても使ってなかったんで、もういいやと。
 グレーの小さな塊とか以前にトマトとかスライムとかみたいにしたやつは、このまま金属トレイに並べてストーブの上に置いて、可塑剤を蒸発させてしまうつもりです。
 大きめの赤黒い塊はひとまず放置しておきます。

 何か造形欲が湧いたときのためにと、そこそこの間隔で粘土とかの素材を買っておいたのですが、全然欲求が出てこなくて困ったものです。
 今日いじった樹脂粘土以外にも、紙粘土やスチレンボードがあるのですが、全然消費していません。
 何か作りたいという欲求はたまに出るのですが、何をと言う具体的なところはサッパリで、結局プラモデルをいじっておしまいというのが続いていますね。
 それはそれで良いんだけど、漠然と何か足りないと思うところでもあります。
 今はほぼ全ての素材を100円ショップで済ませられるので、ダメにしてもあまり気にせずやれるのだから、もうちょっと積極的にやれればとも思うのです。

 …というようなことは、これまで何度も思っていたことで、同じところをぐるぐるしているなあ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック