2013年J2第32節 札幌2-2岡山

 ここしばらく家に引きこもっていて気が滅入っていたので、気分転換に観戦しました。

 開幕当初に寒い試合(主に気候的)ばかり見ていたし、週末の天気が今ひとつなことが多かったので、しばらく見ていなかったのですが、気がつくと結構良い順位につけていたりします。

 今日の試合は、滑るピッチコンディションのうえにファールをあまり取らない主審と言うことで、いろいろ危なっかしい試合でした。

 両チームとも長いパスの精度が今ひとつで、後半半ばはちょっとダレました。
 特にゴールキーパーのキックがどっちも今ひとつで、イカンよねえ。
 杉山が面白いのはいつものことだけど。

 高い位置でボールを奪えていたのは良かったのですが、フィニッシュ精度がJ2クオリテーだったのも残念。

 セカンドボールも比較的拾えていたのも良かったです。

 結果の方は引き分けですが、先制された後にひっくり返して最後に追いつかれるという、まあ、若いチームだからしょうがないかなという展開。

 ここ数年、守りを固める采配というのが出来ない状況だと思うので、選手ががんばりきるしかないでしょうね。

 がんばってください。

 次の観戦予定は全く立てていないのですが、野球もサッカーもホーム最終戦は観戦するつもりです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック