ウェブログさいとう
2004年4月1日あたりから記録開始

引きこもりおっさんのチラシの裏ブログ(`Д´)

2017年02月26日

シタデルカラー セラマイトホワイト試用など

 ヨドバシカメラでシタデルカラーの取り扱いが始まって結構経つのですが、値段がそこそこするので購入を躊躇っていたところ、少し調べて試してみようと言うことで、つや消し白にあたるセラマイトホワイトを試してみました。
 ポケモンがかなり落ち着いて時間ができたのもあるですよ。

IMG_20170226_114053.jpg

 ありがちなプラモデル用塗料よりわずかに小さい容器で値段は3〜4倍の550円となると、ためらうのもしょうがないかな。見た目がヨーグルト駄菓子みたいなのもちょっとどうなのさとか(意味不明

 瓶のままの濃さでは結構粘るので、水を含ませた筆で調色してから塗ります。水で薄めすぎるとはじいてしまうので、瓶に直接水を入れるというのは勧められません。

IMG_20170222_132149.jpg

 テストピースに用意したプラ板。濃い青や銀が不規則にあって、隠蔽具合を試すには良いでしょう。

IMG_20170222_132524.jpg

 1度目の塗装でここまで発色します。筆ムラはあるのですが、元の色がどうであったかはかなり潰されているのでかなりの隠蔽力のようです。また、メタリック部分のざらつきもほとんどなくなっていたので、傷を隠すような作用も若干期待できそうです。
 塗ってから10分ほどで乾燥して塗面を触れるようになります。つや消しなので乾燥したかどうかわかりやすく、重ね塗りでの塗膜崩壊トラブルは少ないでしょう。乾燥した塗膜は、普通に触る分にはべたつきもなく爪でこすった程度では剥がれず、十分な固さです。

IMG_20170222_133028.jpg

 2度目の塗装で大体白になりました。下地の影響がシビアに出る塗料を重ねるのでなければこれで十分。

IMG_20170223_145017.jpg

 アクリジョンカラーを重ねてヒビが入るか、いくつか塗って試してみました。塗ってから数日経った今でも全くヒビが入っていないので、アクリジョンカラー塗装での下地として使っても大丈夫そうです。

 現状では、ツヤ出しまくりの薄い塗面を作りたいというのでなければ、下地塗装の材料として最良じゃないのかな。
 エアブラシだとどうなるかわかりませんが、エアブラシを使うのならラッカー系を含めた従来塗料で十分なので、わざわざシタデルカラーを試すことはしません。
 おっさんの基本は筆塗り。

 あと、昨年末に出たタミヤのペイントリムーバも一緒に買ったので、試用です。

IMG_20170226_114150.jpg

 新しい靴の中敷きみたいな臭いがしますが、かなり鼻を近づけないとわからないので、揮発性は低いようです。

IMG_20170222_150006.jpg

 アクリジョンカラー銀の塗膜に、ペイントリムーバを使い古しの筆につけて塗ったくったところ。塗って10秒くらいしたところで塗膜が溶け始めるので、ちょっと辛抱が必要です。
 塗料が落ちても、モールドの角が丸くなるなどのプラスチックが溶けた様子はなく、安心して使えそうです。
 途中で粘っこい感触が強くなってきて、何度か水で筆を洗いながら作業をやっていたのですが、この粘っこさはアクリジョンカラー固有のものなのかペイントリムーバ固有のものなのか、他の塗料を落とすことが試せていないので不明です。
 作業後の筆は、水よりも除光液で洗った方が確実かな。
 ラッカーパテが落ちるかどうかも試してはいないのですが、なんとなく落ちちゃいそうに思えるので、不安な人はテストピースで試してからどうぞ。

 セラマイトホワイトもペイントリムーバも、大変良い買い物でした。
posted by さいとう at 14:13 | Comment(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

作業場170211

 久しぶりに模型を組みました。

IMG_20170211_161140.jpg

 ウィングキットコレクションの飛燕1型丁。
 久しぶりだと言うのに、小さい飛行機模型を選んで大丈夫かと思ったのですが、パーツの合いが良かったので特に苦労なくやれました。

 今冬はポケモンばかりやっていたのが一段落したので、これから少しずつ模型も作っていけるかなー トップコート待ち行列が空っぽなので、このままだと雪が溶けても完成品が全然増えなくてつまらないですね。
 意欲がないわけじゃないので、もうちょっとがんばってみます。
posted by さいとう at 16:53 | Comment(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

雑談170131

e7657043536382459367a08ce4a8984f_s.jpg

 年が変わって1ヶ月更新がないとかイカンでしょということで何か書いているんですけど、動機が動機なので特にネタがあるというわけでもなく。

 アメリカの大統領が替わって早速バタバタしているけど、ここらへんのネタは特に報道というものを文字通りに受けとってはいけないところになっていて、ただ見守るだけになっております。

 今までやってきたような、報道とかいうのを拾って何か言うというやつは、本当にやれなくなったというか、報道を真に受けるとバカを見るという状況が全く改善されないのでどうにもならんですね。

 自分の周りのことでは、ぼちぼち何かやる気にはなってきたけど、法律の方はまだちょっとなので、相場を見て数字の上げ下げを記録している毎日です。これにしたって、記録しているものを毎日あげても手間がかかるばかりで全然面白くないので、ネタにはならんです。
 寒い日が続いているので模型もほぼいじれず、ゲーム(ほとんどポケモン)をやって本を読んでとか、なんもやってないわけじゃないけど、大体twitterで済ませてしまうのでブログは放置。
 じゃあtwitterの方はどうなんだというと、これも別にどうってことなくだらだらと。
 うーんこの。

 しかし、去年と比べると能動的に動けるんじゃないかなと思えるところがあるので、そういうところを形にできるようにやっていきたいと思っております。

 明日からプロ野球キャンプですねと言ってみたものの、日ハムはアリゾナだから時差の関係でずれるんだよなあ。世の中上手く行かん。
 大谷翔平が日本でやるのもあとどのくらいかと数えられるようなところになってきたので、できるだけ見られればと。
 コンサドーレも今回は残留争いができるかもというところで、こちらもなんとか。今までが降格独走だったからね。しょうがないね。

 こんな感じで、今年もよろしくお願いします。
posted by さいとう at 14:57 | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

年末年始について2016

 今年は公私ともに死に体でした。
 今日は大雪でひきこもり。停滞しきっております。
 
 年末年始は12月23日から1月9日まで、フルパワーで休む予定です。

 来年は、いい加減再起動せねばということで、がんばってみようと思います。
posted by さいとう at 17:33 | Comment(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

2016日ハム日本一

 おかげさまで、今シーズンを日本一で終わることができました。

c5a78b0fec574bffe61a3a8e23ce399d_s.jpg

 北海道に移転してから5回のリーグ優勝という、すっかり強豪のチームになったのですが、日本シリーズについては2006年に勝っただけで、あとは概ね一方的に負けるという、敗北の歴史でありました。元々リーグ戦偏重で日本シリーズ時点にはバテバテというのがあったのですが、今年はそれを克服しての勝利と言うことで、うれしい次第です。

 初戦は慣れない屋外球場と降雨のせいか大谷で勝てず一方的にやられ、2戦目はビデオ判定での動揺から自滅してまた一方的にやられと、ひどいものでした。守備で乱れて攻撃もつながらないという、これまでで最悪の始まりであって、バテているとしてももうちょっと体裁を整えてくれないものかと思っていました。

 ホームに戻っても押され気味なのは変わらなかったものの、大きく崩れずに逆転して勝ったことで、いろいろあやがついてきたのではないかと思っています。
 日ハム側は、シーズン中のように先発がしっかり試合を作って先制からのリードを守り切るという形が望めないので、先発は打たれる前提で後続は待機、攻撃もつながりが期待できないので打席では個人でできることを何でもひたすら地道にこなして、チャンス到来を待つという、じっとガマンの展開を基本にしたように見えます。
 一方広島側は、勢いがあるので概ねこれまで通りであったのだろうと思います。

 結果、3戦から5戦まではホームで日ハムが3連勝だったのですが、日ハムは相変わらず攻撃は分断傾向なうえに守備でも広島の攻撃に押され気味。一方、広島は厳しい場面を勝ち継投で拾えずに特定投手へ疲労が偏在するようになりました。同点での継投はとても難しく、同点でもチーム情勢自体は優勢な時に普段と違う継投をするのは、かなりの決断が必要なうえに、打たれるとどうして別な手段をとらなかったんだと結果論丸出しで非難されるわけで、責任は監督が取らなければならないとしても、強い非難はあまり有意義ではありません。

 このように、ベンチワークは投手起用に幅のある日ハムが若干優勢としても全体的に推され気味で決め手を欠き、どっちつかずな状況で広島での6戦目なのですが、日ハムの先発は大谷ではなく増井。いろいろ言われていますが、5戦目で大谷が足をひねったように見えたところがあったので、大事をとったのではないかと思います。大谷翔平の勝ちを考えると、怪我については慎重にならざるを得ません。
 結果は10-4と一方的な日ハムの勝利となりました。ひたすら粘って先発に球数を投げさせたことや、勝ち継投を打って勝ってきたことが、一気に生きてきた展開となりましたが、8回表まではこれまでと変わらず厳しい展開だったので、得点ほどの差はありません。
 ジャクソンは早めに黒田へ継投すべきと言われているようですが、これについては広島側でのみ考慮することであって、そんなこだわりは捨てろなどと外から言われる筋合いはなく、私からも言うことはありません。

 広島はとても強く、理想的な試合展開をやっている日ハムに近いところがあって、やっかいだなと思うと同時に、日ハムのやっていることに間違いはなかったのだろうなと言う若干複雑な感想があります。

 そんな広島に対し、日ハムはこれまで得意にしてきた試合展開ができなくなった結果、攻守にわたるほぼ全てのことについて、今できることを愚直にやっていくという泥まみれスタイルになりました。自分たちの野球ができませんでした負けましたみたいな短絡的な結果を否定するためには、現状ではこれしかない思います。
 そして、このシリーズでとてもたくましくなりました。
 ただ、この姿勢でリーグ戦をやると絶対もたないわけで、これからはそうした長期戦と短期戦の力の使い方を調整しながらやって行ければ良いのではないかと思います。

 何はともあれ、日本一になって良かった。
posted by さいとう at 13:02 | Comment(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする