ウェブログさいとう
2004年4月1日あたりから記録開始

引きこもりおっさんのチラシの裏ブログ(`Д´)

2004年07月01日

ホビージャパン8月号

 HGUCサイコガンダムなんか買ってられるかっ

 新製品には、チェックすべきものはなくまたしばらくは出費の少なめな生活が送れそうです。

 トホホ。

 オラザク選手権は、メカメカしたのが入選多めでしたなぁ。
 マゼラアタックとか、バカっぽくて良かったですよ。

 内部メカは、自分では全く手をつけない部分なんで、なかなか新鮮ではあります。
 余裕があれば塗り分けくらいしたいのですが…

 変な作品がなかったのは残念。

 それにしても、ホビージャパン読んでる意味がだんだん少なくなってきてるような気がするなぁ〜
posted by さいとう at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

ホビージャパン7月号

 やはりMGアッガイについて何か言わないとならないでしょうか。

 ハイコンプロのは買うの確定しているのですが、ここはやはり大きいアッガイもいないとならんと思うのです。

 しかし、置き場所がなぁ…

 買ってから悩みます。 ェエー

 ガンダムネタでは、ゲルズゲー以外はスルーですね。
 関節の色が気持ち悪いフリーダムとか、どうでもいいです。

 シンとキラ、まとめてオダブツしないかな〜とか、適当なことを言っておきます。

 しかもそのゲルズゲーも、なんだかユルい造形で。

 細かい資料はないんでしょうけど、角をいい加減に処理されると、小学生の図工みたいになってしまうので何とかして欲しかったところです。

 ボトムズはアクティックギアの方をチェック。
 プラモは作例見るとゲップ出てしまうのですよ。ボトムズのは大抵気合が入っているので。

 しかし、このアクティックギアがまたアッガイと発売時期重なってやがるなぁ…

 エウレカは本編見れてないので、イマイチノリが悪いです。
 もうちょっと情報が欲しいんだけど、変形する完成品の方をどうしようかと思うくらいで。

 ゾイドはブロックスの情報がありませんな。バラッツ出しておしまい?

 新しいバイオゾイドがビーストウォーズに見えてしょうがないのですが、これはタカラとトミーが合併した効果と見てよろしいでしょうか。

 次に「奥さまは魔法少女」と言う、ニンともカンともなアニメのページがあったのですが、ヒロインの人妻の声が井上喜久子。
 放送されない地域なのがまた、ニンともカンとも。(´・ω・`)

 そういえば、ナムコ×カプコンのワルキューレの声も井上喜久子だった記憶が…

 にわかに井上づきやがって! 意味不明

 出来れば、もうちょっと普通の人に言ってわかるやつとか、人に言って恥ずかしくないやつの声当てて欲しいんですけど…

 のび太ママの声が三石に取られてしまったのがつくづく惜しい。 争ったわけじゃないけど

 少年の声も出来るから、出来杉の声でも良かったんだけど、それも違ってたようで、テレ朝には死ねと言っておきます。

 他は特にチェックするものナシ。

 夏までは積みプラの消化に勤しんで良しということですね。

 待ってろアッガイ。

posted by さいとう at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

ホビージャパン8月号

ギャバン先輩

 ギャバンの装着変身が出るようなので、記念に。

 買うタイミングを逃していたホビージャパンとガンダムエースを、整骨院行ったついでに買ってきました。

 ハイコンプロのアッガイをチェックして、とりあえず買い確定ですな〜と。

 ミクロアクションシリーズの獅子王ガイというのも出るようで、とりあえずチェックして横を見ると、卯都木命とスワン・ホワイトまでミクロアクションになるようで。
 こいつらにポーズつけてどうするのかよくわからんのだが…

 懐具合と相談しながら買いますか。 ェエー

 MGアッガイは、再販待ちとかになったりしそう。

 作例の方は、クるものがなかったのでパス。

 そういや、フィギュアのスカートの中の写真が多めだったように見えるなぁ〜
 編集方針変更?

posted by さいとう at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

ホビージャパン9月号

 オラザク選手権の結果が出てましたが、上位の方は適当に見て、全作品の小さな写真を必死にチェック。

 …誰だデギン・ザ・グレート作ったのはっ

 他にはあまり気になるものはなし。ターンAの作品が全然なかったのが残念ね。

 キットが再販されるらしいから、来年には出てくるのかなぁ…

 ギャバンとかアッガイとか、製品の写真をチェックして、他の新製品を見てとりあえず何もいらんかな〜とスルー。

 プラモの星とか言う新コーナーは、前の加藤夏希と同じようなエロ路線には走らないんでしょうね。今度は中学生だし。

 あと、今月はフィギュア情報が多かったような感じですね。
 結構いい造形のがあったように見えるんだけど、どれも買ってられないのでその手の店で見てオシマイになると思います。

 何はともあれ、とりあえずアッガイ。

posted by さいとう at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

ホビージャパン12月号

 マスターグレードのZガンダムもヴァージョンアップされるようで。

 前ヴァージョンを2体買った私は相当のアホですかな。

 一応、買おうかとは思っています。

 ガブスレイは、スーパーロボット大戦のザコ以上の印象がないので、形は好きだけどどの立体もパス。
 ハンブラビも同じ感じ。

 ハイコンプロのガンダムmk2コンプリートセットは結構欲しいなぁ〜と思うんだけど、これ買ったらMGのスーパーガンダムが完全に放置されてしまうだろうなと思うと、妙なもったいなさを感じてしまって躊躇。

 ハイコンプロのが限定発売とか出なければ、積みプラ消化後に買おうかなと。いつの話になるのかわかったもんじゃありませんが。

 種デスネタは既にどうでも良い感が漂っています。モデラーの誰もがストーリーに触れず。触れろと言われても困るでしょうけど。

 そんな中で、MAX渡辺の文章はイカレてました。多分、マスクをせずに塗装していたのでしょう。

 新製品はいろいろ出るようですが、もちろんどれも買うつもりはありません。

 パーフェクトゴッグキャノンうはー。

 GFFのブルーディスティニーは、久々に組換えに納得できるものなんだけど、値段が高く感じられてしまうなぁ。
 値段そのものは、4179円で標準的なんだけど、今までの無理やり換装に比べたらそんなに部品が増えるものでもないと思うのだけど、なんか余計なことをやっているのでしょうか。

 現物見てから考えます。

 ミリタリーなやつは、私の好きなハーフトラックが。あと、フォッケヴルフのついでらしいキューベルヴァーゲンが気になったんだけど、空軍色だと塗装の参考にならんな〜と。残念。

 あとは、ミクロシスターは何個か買えたらいいかなーとか、そんな感じ。

 …セイザーゴルドはもう買ったわ!ボケ!

 おしまい。

posted by さいとう at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

ガンダムファクトファイル終了

 150号で、無事に終了しました。

 終わってみるとあっという間だったと、言っている本人も恥ずかしくなるような陳腐な感想ですが、そんな感じで。

 ガンプラ作りの資料になればいいなと思うところです。

 ところで、あと数ヶ月すると、新しいガンダムが放送されるようですが、多分、1話だけ見ると思います。

 メジャーの新シーズンと重なったらそっち優先になるので、ずっと見ない可能性もあります。

 太いガンダムに若干の興味はあるものの、今のところ、プラモデルを買う気にもなりません。

 面白モビルスーツ待ちです。

∀ガンダム MEMORIAL BOX 1 ∀ガンダム MEMORIAL BOX 1
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] ∀ガンダム MEMORIAL BOX 1
[出演]
[レーベル] バンダイビジュアル
[監督] 富野由悠季
[種類] DVD

■商品紹介■
..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by さいとう at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

スタートレックファクトファイル刊行終了

 314号で堂々完結。

 同じ号を2冊買っちゃったこともあったけど元気です。

 ガンダムファクトファイルの倍の量で、しかも捨てるところがないので保管に苦労しそうですが、暇を見ては整理して老後を過ごそうかと思います。

 ガンダムのは、WとSEED関連のところはほぼ全て捨てたので、少しスリムになっているのです。

 これで唯一購読していた本の刊行が終わったので、若干寂しくなりますなぁ。

 今月から年甲斐もなく図書館の貸し出しカードを作って、やたらめったら本を借りて読んでたりするんだけど、今のところ当たりなのはなくてションボリです。

 書評が書けるような読み方をしていないので、よほどのことがない限りここで借りた本を紹介することはありません。

 1時間に100ページじゃ読むの遅いわなとか、そういう勢いです。

 世の中には月に100冊以上の本を読める人もいるみたいで、すごいですね。

posted by さいとう at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

図解雑学 諸子百家

 退屈しのぎに薄っぺらい知識を増やすべく図書館から本を借りてきては見ているのですが、そんな中で困ったものが。

 儒家とか道家とか、そこらへんの基礎的なところがまとまっているように見える本なのですが、確かにまとめてはいるものの、兵家以外はオチでボロクソに言われてて、古代中国思想についてのとっかかりとして読んだ人は、自分はしょうもないものに関心を持ってしまったのではないかと凹んでしまうような本です。

 特に孔子は誇大妄想だハッタリだとひどい言われよう。

 オチの部分はおまけと思えばお得な本かもしれませんが、なかなか冗談がキツイおもしろブックでした。

 ということで、アフィリエイトなんか貼付けちゃいます。えへっ

posted by さいとう at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

買い付け品100528

 先月、iPadと一緒に買ったブックスタンド。

100610_115338

 ページを抑える棒が、どうにも鉄人28号を動かすリモコンチック。

 本来iPad用じゃないので、キーボードをしっかり使うときは、この棒がちょっと邪魔になります。

 しっかり使わないときは指一本でチョイチョイなので、気になりません。

 もうちょっとすると、iPadを意識したものが出てくるのかなあ。

 ということで、それだけの話です。

posted by さいとう at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

電子書籍づいてみた

 体調が少し良くなったので、本屋を回っていたのですが、おっさん体力がかなり減衰しているようで、疲れました。

 数冊本を買ったのですが、重かったです。

 さらに、夏頃に物置の整理をして結構な量の本を捨てたので、こういうことを繰り返すのはちょっと嫌だなあとも思ったので、電子書籍の方を本格的に冷やかしてみました。

 購入した書籍を串刺し検索できればいいなと思いながらいくつかのサーヴィスを使ってみたのですが、残念ながらそういうものはありませんでした。

 pdfの書籍ファイルをEvernoteに放り込めればそれでいいのですけどね。

 imPressがpdfで売ってくれるのだけど、如何せん数が少ないのが困ります。

 使えそうなページをiPadのスクリーンショットで取り出してEvernoteに放り込むという形でも、そこそこに文字を拾ってくれるので、あまり期待せずにディジタル自炊みたいなことをやってもいいのかな。

 いくつか使ってみた中では、eBookJAPANが、ちょっと古いものもあって調べがいがあるように見えます。ファイルの扱いが面倒ですが、iPadでの閲覧がほとんどなので影響は小さいです。

 困ったことに、新しいものは見ていて気が滅入ることが結構あるので、ノスタルジーでごまかすプレイは需要がおもったよりはあるのです。。

 まんがやラノベは、面白そうかどうかで探すと全く引っかからないので、絵が適度にいやらしいとかしょうもない基準でしか選んでません。

 そしてやっぱり面白くないのです。

 内容も適度にいやらしいので書評を書いてもしょうがないあたり、生産性が低いなあと思いながらもエロマンガ島(意味不明

 何か良いさらい方はないものかなあ。

 絵で選びようがないビジネス書は、今でも修羅の国です。

 検索で探せるのもいいけど、検索除外ワードの設定も欲しいなと思う今日この頃です。

 ネットに転がっている文章だけで質と量を上げようとすると無理があるので、書籍の需要もあるのですが、電子書籍も上手く使っていきたいと思っているので、業界の人達には死ぬほどがんばるか死んで下さい。

 いい加減、権利がどうとかいう言い訳は怠慢のアピールにしかなりませんよ。

 権利の行使が法的に正しくても、世の中の全てが法的判断の是非で動いているのではありませんし、権利行使のありようについてなんて、消費者からはブーイングが出るか否か以外の反応は見込めませんよ。

 大威張りで機会損失をアピールするのもほどほどにがんばって下さい。

タグ:電子書籍
posted by さいとう at 21:26 | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする