ウェブログさいとう
2004年4月1日あたりから記録開始

引きこもりおっさんのチラシの裏ブログ(`Д´)

2016年09月18日

作業場160918

 今週いじった分。

IMG_20160918_120102.jpg

 新メカコレのガルント。スミ入れをだいたいやって、こんなものかなあと妥協したところ。ドリル部分は、全体的にぼんやりしているし合わせ目にスミが流れているし、結構ひどいのだけど、修正もきついのでこのままやっちゃいます。シールを貼ったらトップコート待ち行列入りです。

IMG_20160918_120005.jpg

 コマツのブルドーザ。大体こんな感じでしょというところまで塗り分けました。茶色のパイプは蛇腹っぽいのだけど、キットでモールドが省略されているから無理して再現せずにおきます。キャタピラーをもうちょっとちゃんと塗ってから、本体色はこのままで行くのかとかウェザリングするかとかを考えるつもりです。

IMG_20160918_115922.jpg

 アクリジョンカラーでのドライブラシを試行。アクリジョンカラーは希釈にシビアなのですが、うすめ液の代わりにつや消しクリアで薄めるのはどうかというのが主な試行の内容です。うすめ液は従来通り、筆に含ませた程度で済ませます。
 最初に脛の部分を銀チョロっぽくやってみたのですが、どうやら筆に残した塗料が多かったらしく、チョロというよりベタっとなってしまいました。ドライブラシ塗装の技量が足らないことも併せて、残念な結果に。銀の粒子が大きいというのもあるかとか、ちょっとわからないですね。
 このような反省をもとに、足首部分をタンで埃っぽくドライブラシをやってみたところ、少しはそれっぽい感じになったのではないかと思います。
 アクリジョンカラーは隠蔽力が低いと言われるのですが、ドライブラシは隠蔽力とかどうでも良いわけで、この塗料の長所が生かせるのではないかと思うのですが、どうでしょう。

IMG_20160918_113637.jpg

 ハーフトラックにドライブラシ。こっちはタミヤエナメルでのドライブラシです。ドライブラシ習熟が主目的なのですが、小さい模型だと全体的に塗料が乗ってしまって、ほぼ自動的にトーンが変わってしまいますね。
 茶色を土の汚れっぽく、ニュートラルグレーを塗料が剥げたところっぽくやってみたつもりです。ハイライトとか入れようと思ったのですが、角だけに色を乗せられる自信がないので止めました。

 ドライブラシ塗装は、幼少期に銀チョロの真似事をして以来だったのですが、結構面白いですね。慣れないので塗料が飛び散ったり筆についた塗料を拭い取りまくったりして、いろんなものが汚くなってしまいました。
 もうちょっときれいに作業できるよう、習熟したいものです。
posted by さいとう at 16:08 | Comment(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:※匿名推奨(デフォルト名「nanashi」)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。