有害無益な談話

菅首相談話全文…韓国「植民地支配」で謝罪、文化財返却を表明(サーチナ) - Yahoo!ニュース

 本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど100年前の8月、日韓併合条約が締結され、以後36年に及ぶ植民地支配が始まりました。3.1 独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪わ れ、民族の誇りを深く傷付けられました。

 私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたい と思います。痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることはできないものです。この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対 し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします。

 ま、絵に描いたようなアッチの史観ですね。

 幸いと言って良いのかわからないのですが、これは朝鮮併合100年に対する談話だそうですから、普遍性を持つものでもなく、他の関係国とのことを考えると、「ああそう、言っちゃったんだ」と言って済ませていいものでしょう。

 ところで、当時併合したのは大韓帝国で李氏朝鮮じゃないのですが、韓国併合というと当時の大韓帝国と現在の大韓民国がごちゃごちゃになって、現に上の文章でも大韓帝国といえば良いものを当時の韓国という言い方をして非常に紛らわしいので、あえて朝鮮併合と言っております。

 このように、国号すらまともに使えない者が「歴史に対して誠実に向き合いたい」ということに、どれほどの価値があるのか、私には理解出来ません。

 このような認識の下、これからの100年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝 鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、 日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。

 とりあえず実害が出そうなところだけ引っ張ってきました。

 在サハリン韓国人支援は、半島主導でやる分には支援をするのは構わないかなと考えてはいるのですが、実際の支援の様子を見ると、もはや戦後処理でも何でもない気配が濃厚なので、日本の公が動く理由はなく、有志が義援金でやってくださいという形がよいと思うのですが、あたらしいこうきょうとか吹聴している民主党は何かやる気なんでしょうね。

 バーカ。

 遺骨返還は、日本の当時の遺骨の扱いがかなりひどいので、これはちゃんとやった方がいいです。日本とか韓国とか関係なく。

 図書の扱いですが、いろんな意味で渡さない方が良いと思っています。

 単純に、日本の方がちゃんと管理されるだろうという、ただそれだけですが。

 韓国に渡して、図書が破損して日本を逆恨みという絵が、何の根拠もないのですが随分強く思い浮かんでしまうんですよね。

 南大門焼失とか見ちゃったせいかもしれませんが。

 もうちょっと良い扱い方はないものかなあと思うのですが、まぁ、あげちゃうんでしょうね。

 バーカ。

 遺骨返還以外は何もやらないのが、お互いのためによろしいと考えておりますが、利益と言ったら自分たちの財布という意味でしかない民主党に、そんな利益衡量をしろというのも無理難題でしょう。

 バーカ。

 ま、これから踏襲していかなければならないものじゃないってことで、いいんじゃないですかね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック