ウェブログさいとう
2004年4月1日あたりから記録開始

引きこもりおっさんのチラシの裏ブログ(`Д´)

2015年10月01日

アクセス解析1509



 ユニークアクセス、ページビューともに減少しました。先月は投稿数が9と少なかったこともが関係しているかもしれませんが、理由らしい理由はよくわかりません。
 よくわかりませんというか、いつも考えていないのですが。

 アクセスの多かったエントリは、前回に続いてアクリジョンカラー新色に関するものでした。あとはいつも通り玩具、模型関係のエントリにアクセスが多めでした。
 
 アクセスの多かった参照元は、検索サイトが多く、Zenback経由と見られるアクセスも少なめでした。その代わりなのか、ドコモの検索サイトからのアクセスが少し目立ちました。

 外国からのアクセスは、フィリピン、台湾、イタリア、ドイツからわずかに。
 イタリアとドイツって戦艦がらみかな?(ぇー

 興味深いドメインからのアクセスはありませんでした。

 検索ワードについては票割れで、検索フレーズとあわせて、特に目立ったワードはありませんでした。

 特に周りが何も変わらないまま、今年も冬を迎えることになってしまいました。
 もうしばらくこんな感じです。
posted by さいとう at 14:26 | Comment(0) | 自分のPC・ネット話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

作業場151004

 今週は天気が今ひとつで、模型を余りいじれませんでした。

2015/10/04

 とりあえず塗った分。

 新メカコレのドメラーズ三世はとりあえず墨入れをしてみたら、良い感じになったなあと。黄色を塗る部分のことをすっかり忘れて墨入れをやっちゃったけど、アクリジョンならエナメルの上に塗っても何とかなるんじゃないかと根拠もなく思うので、余り気にしないでおきます。

 ティリーはボディーのダックエッググリーンの発色に手間取っています。これが随分と筆ムラの目立つ色で、あまりこれに時間をかけたくもないので、筆目が出るのも厭わず濃い塗料でやってしまおうかと思っています。

 今日は結構寒くて、窓を閉めても塗れるアクリジョンで塗ってやりたいものはないかなーと探したら、アッグが目に入ったので下地の明灰白色とかを塗ってみました。
 本体色はオレンジに黒を微量混ぜた色だそうですが、オレンジの発色を少し悪くさせたような感じので行けるんじゃないかと踏んで、下地に明灰白色を選んでみました。
 グレー部分はニュートラルグレーで安直にやっています。

2015/10/04

 ティリーのシート部分の色はタミヤアクリルのカーキだったのですが、とりあえずタミヤアクリルは使わないようにしているのでラッカー系のをと思ったのですが、手元にないので混色タイムです。

 写真真ん中の塗料はいつ作ったのかも作った目的もわからないもので、比較用に右に置いたサンディブラウンとそっくり。もちろんこれまでまともに使った記憶がない全くの死蔵品だったので、これに写真左のガンダムカラーグリーン(3)を混ぜてカーキっぽい色にしました。

 1枚目の写真の右上に、ティリーのシートに塗ったものがあるのですが、大体こんな色で良いんじゃないかなと言うことで、折を見て消費します。

2015/10/02

 数日前に組んだ米軍のフューエルトラック。手前は大きさ比較用のティリーです。

 とりあえず大体の形をと言うことで、大まかなシルエットがわかるパーツだけを切り出して、木工用ボンドで仮止めして組みました。相変わらず部品の精度が高いので、なんの問題もなくサクサクと組めました。
 燃料注入ホースを再現した部分は組まないので、それに関連したパーツを外して組み、強度を確認したので、組み立ての手順を少し減らすことが出来ます。

 どういう色にするかはまだ決めていないので、塗装の手間が増えないように注意しながら接着していくつもりです。

 今日から新しいガンダムが始まったのですが、機械が重たそうで良いですね。気が向いたら模型を買うかもしれません。
タグ:作業場
posted by さいとう at 21:41 | Comment(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

日ハム1-2ロッテ

 今年の全日程が終わりました。

 稲葉と金子が抜けて、シーズンが始まると先発の数が余りそろわず、陽岱鋼も怪我をしてどうなるかと思ったのですが、リーグ戦は勝敗数だけなら優勝してもおかしくない程度にはやれました。
 トップがおかしいからしょうがないね。

 チームが若いのはいつものことですが、若い割にはプレイスタイルが堅く、勢いで突っ走るというスタイルではないので、終盤はバテていたように見えます。
 下位チームとゲーム差があったのですが、ポストシーズン敗退という結果もそんなに驚くものでもないです。ロッテは勢いで突っ走るタイプだし。

 今年に限らず、ポストシーズンにはかなり疲れていて、勝ち上がっても日本シリーズでは大体バテバテというのが芸風なので、これを変えるならレギュラーシーズンにもうちょっと選手をローテーションで使って休む機会を作るべきでしょう。
 連続出場の個人記録とか、本人の志願とか、ほいほいと聞いて出しているというのなら采配なんていらんので、どこかで折り合いをつけておいて欲しいです。

 もっとも、現状でも十分に良い成績が出ているので、現状維持でも良いです。

 個人では、最初の打席でその日の安打数が極端に変わる陽岱鋼と、不調期が長い中田翔と、やらかし系になりつつある西川遥輝はどうするんだと思うところです。

 従来は稲葉のホームランを引き金にして投稿してきたのですが、引退後はどうしようか考える間もなくシーズンが終わってしまいました。
 試合観戦は減っているのですが、相変わらず試合そのものは見聞きしているので、何か思うところがあったら書こうとは思っているのですが、今年は割と順調だった成果、きっかけがなかったですねえ。

 来年はどうなることやらと思うのですが、その前に人事だなあ。
posted by さいとう at 21:36 | Comment(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

作業場151013

 連休中にちょっとだけ塗ったり組んだりした分。

2015/10/11

 うーんこのピンぼけ。

 コスモファルコンにアクリジョンカラーの下地グレーとディスプレイスタンドにミッドナイトブルーを塗りました。
 下地グレーは黄色を重ねるので、しっかりと発色させるつもりです。

 1/100トロピカルドムの腕は見たとおりに組んで、日を改めてアクリジョンカラーのテスト塗装に使いました。

2015/10/13

 テスト塗装の結果。
 スカイブルー、ルマングリーン、オレンジイエロー、オレンジ、カーキグリーンの5色について、発色や隠蔽力を体感です。

 スカイブルーとルマングリーンは、プラバンに塗ったときは良好な塗膜だったのですが、角への乗り方とかはどうなのか試したところ、こういうところでも概ね良好でした。

 オレンジイエローはほとんど使ったことがなかったのですが、塗ってみたら随分と発色が良くて、ムラがとても少なかったです。隠蔽力は低いのだけどしょうがありません。
 黄色と混ぜて、ガンダムカラーっぽい黄色を作っておくのも良いかなと思ったのですが、混ぜたらこの使い勝手がどうなるのかなあ。

 逆に、オレンジは発色がひどく、3回重ねてムラだらけで泣きそうです。日を改めて、上澄みを捨てる手法を試してみようと思います。

 カーキグリーンは、以前に塗ったとき、濃い緑の割に発色が悪かったので、上澄みを少し捨てて塗ってみたのですが、発色は大きく変わりませんでした。3回重ねてこのくらいならまあ良いかと言うことで、この常態で使っていくつもりです。

 寒さが増してきたのですが、こらえてやっていこうと思います。
タグ:作業場
posted by さいとう at 19:39 | Comment(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

作業場151018

 今週いじった分。
 ラッカー系塗料を多めに使いました。

2015/10/18

 フューエルトラックはかなり組み上がりました。
 いい加減本体色を決めないといけません。運転席部分は青っぽく、タンク部分は白っぽく塗れば、民生品のように見えて良いかなあと思っているのですが、青系は使う色を間違えるとひどい発色に苦労するので、少し試行してみます。
 前にオート三輪を塗ったときの青よりはもうちょっと鈍い感じにできればと思います。

2015/10/18

 資材運搬車もかなり組み上がりました。

 こっちはピンク色にでもしようと思っているのですが、手持ちのピンクはどれも青っぽさがあって今ひとつ好きになれないので、こっちも混色で作ることになるかもしれません。

 そろそろ新しいキットもということで、ガマゴートの組み立てにも着手しました。1/35は大きいですね。

 雪が降るまでに、ラッカー系塗料をどのくらい使えるかなー
タグ:作業場
posted by さいとう at 19:38 | Comment(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

作業場151025

 週末にいじった分。
 
2015/10/25

 新メカコレのランベア塗装に着手しました。
 特に何も考えず、アクリジョンカラーのニュートラルグレーを甲板に塗ったくり。シールがないので甲板のラインも塗装しないとならないのですが、面倒そうだなあ。

 左下のプラ板は、先日買ってきたアクリジョンカラーのグランプリホワイトを試し塗りしたものです。ラッカー系だと、基本色のホワイトよりは使えたものだったのですが、アクリジョンカラーでは基本色のホワイトと何も変わらない発色と隠蔽力で、これは日を改めて上澄みを捨てたものを使っても同じでした。
 これならわざわざグランプリホワイトを買う理由がないです。

 明度の高い色にはまだまだ苦労しそうです。
タグ:作業場
posted by さいとう at 21:47 | Comment(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

プチコン3号でテキストエディタを作っていた

 3DSにプチコン3号という、BASICでプログラムを作れるレトロなソフトがあるのですが、そこでのテキスト編集は基本的にラインエディタで、レトロなパソコンにありがちなフルスクリーンエディタでなありません。
 ということで、フルスクリーンテキストエディタを作っていたのですが、これが思ったより大変で、一通り機能は実装したのですが、操作性には不満しかありません。

20151028210811

 エディタの改良をしながら写し書きした初音ミク。
 元はMZ-700で描かれたものなのですが、プチコン3号のグラフィックキャラクタは、MZ-700とは違っているので、完全再現は諦めています。

 最初のヴァージョンでは、最初に打ち込んだ文字は文字色白背景色透明固定で、ボタンでカラー番号を増やすという仕様だったので、これ以外の色のキャラクタを続けて入力しようとすると激しく手間が増えてストレスも激増でした。
 カラー番号を保持するようにして手間が減ったことで、ストレスもかなりなくなったのですが、ボタンでカラー番号を1ずつ増やすとか、回転や反転という属性もボタンで番号を増やす仕様は今もそのままなので、操作性が単純に悪いし全く直感的でもありません。
 
 これはイカンだろうということで、下画面にメニューを表示してタッチペンで操作できるようにとやり始めたところ、下画面を操作する命令を実行したところで謎のエラーが出て、原因が全くわからないのでここで頓挫です。

 しかし、プチコン3号では既に有志によって優秀なペイントツールが公開されているので、わざわざテキストでグラフィックをやるというのは、レトロな雰囲気の再現にしても意義は乏しいものです。

 そんなわけで、開発の動機がかなり個人的な欲求充足というところにあるし、操作性が劣悪に過ぎるので、プログラムの公開をすることなく、気が向いたときにポチポチという感じです。

 プチコンのシリーズ、来年にWiiUでも出るらしいのですが、私は携帯機でやれるところに意義を感じているので、こっちには手を出さないと思います。

 精神的にダウンしまくりな現状、数少ないモチベーションのあるものなので、ちょっとがんばりたいところではあります。
posted by さいとう at 21:28 | Comment(0) | ゲーム一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

ゲーム151030

 俺タワーのメンテでいくつかのアップデートがあったのですが、完了した依頼の報酬をまとめて受け取れるようになったのが良いです。
 俺タワーの依頼は最初から受諾された状態で、達成したものだけ手動で報酬をもらうしくみなのですが、元々条件が緩めの依頼が多く、ここ最近は結構な数の依頼が追加されたので、報酬をもらうのが結構億劫でありました。
 それが1クリックで、ページ送りのようにさっさと報酬が取り込まれていくさまは、ある種の快感があります。アイテム所持上限が気になるほど持ってもいないので、どんどん依頼をこなしてどんどんもらうですよー

 イベントの方は、鬼ヶ島最後のサソリエリアが実装されて大詰めです。今までスルーしてきたサソリですが、今回はコービーが余りまくりなので、少し持て余し気味の秘宝で専用宝具を作って、期間一杯付き合うつもりです。
 良品の宝具しか作れなかったので、作ったものを全部装備してもサソリの攻撃で一発重傷になってしまうのですが、命中率が少し上がっているので、疲れるまで回れば1回は最後まで行けるという感じです。

 艦これの方は、2週間ほど前から秋刀魚漁というのがあったのですが、はっきり言って全然面白くないクソです。

 そもそものサンマのドロップが渋めで、しかもマップの奥地にばかりドロップマスが設定されているので、大体面倒です。
 普段は滅多に行かない外れマスを漁場にするというのは良かったのですが、こうしてドロップを渋くすることで徒労感ばかりが強調されます。
 しかも拾えば拾うほどドロップ率が下がるわけで、面白くなくなる一方です。

 また、拾った秋刀魚は調理をしなければ期間経過後に消えるし、調理した秋刀魚は任務達成に必要な数から除外されるし、そういうルールだねと済ませるには制限が不合理で陰湿さを感じずにはいられません。
 一見、調理するかそのまま保持するかという選択をプレイヤに与えているように見えるのですが、秋刀魚のドロップ率悪化と任務に必要な数が釣り合っていないので、事実上保持を強要しています。
 結果、秋刀魚を調理してアイテムを得ることを任務達成の障害にして、秋刀魚調理を抑制させてプレイヤにストレスを与えているだけなんだけど、それになんか意味あるの?

 艦これ運営は、これに限らず難易度調整というものが致命的に下手くそで、とにかくプレイヤにストレスを与えることでしか難易度というものを表現することが出来ません。
 古いゲームにありがちな難易度設定なのですが、古いゲームはプレイヤの技量でどうにかというところがあるものの、

 今回もどうせクソバランスなんだろうと言うことで、大鳳育成と若干の暇つぶし程度にやっていたのですが、それでも徒労感が強くてウンザリしました。

 期間中、29尾拾えたのでネジと資材に換え、余りは捨てました。
 缶詰とか言う生ゴミに用はありません。

 で、メンテが明けたので瑞鶴を改二甲にしました。

2015/10/30

 改装したけど、改修したら放置です。
 雲竜型も大鳳も普通に使えるようになったので、今のところわざわざ使う理由もないのです。

 艦隊編成のプリセットが出来るようになったのは良いですね。よく使うものをセットして、そこから細かく調整という編成の仕方でやれそうです。
 育成艦が多かったころなら、レベルが頻繁に変わって艦隊編成が煩雑だったので一層ありがたみがあったのでしょうが、今はレベルがかなり安定しているのでそんなに切実というわけではないです。

 新規任務というのは一つも出てきてないので知りません。
 まだ出現条件がわからないのですが、クソ任務をこなさないと出ないというのなら無理して出すことはないでしょう。

 イベントが近いらしいのですが、どうせクソイベントなのでストレスにならない程度に付き合います。

※2015/11/01 追記
 瑞鶴改二の絵が縦に伸びた状態で実装されていたようで、程なく修正されました。

2015/11/01

 太ももが見えるか見えないかとか、そのくらいの差異です。
posted by さいとう at 22:15 | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする