ウェブログさいとう
2004年4月1日あたりから記録開始

引きこもりおっさんのチラシの裏ブログ(`Д´)

2008年02月01日

アクセス解析0801

 前回から、Seesaaの数値で2割ほど、Blogpetの数値で3割強ほど上がってますが、いつものように心当たりはありません。

 アクセスの多かったエントリは、「「美しい景観を創る会」の大きなお世話173UA 253PV)、「アフィリエイト報告0712(27UA 221PV)、「鯨キチガイ反日風味ニュース080104143UA 168PV)、「広瀬哲朗Fの炎突然卒業(106UA 160PV)あたりでした。

 美しい景観を創る会エントリへのアクセスは、昨晩から今朝にかけて集中的にアクセスがあったのですが、当該組織に何か合った様子もなく、理由はわかりません。

 ただ、「美しい景観を創る会」でぐぐったらここが一番になっていたあたりに何かあるのかもしれませんが、私の手に負える範疇じゃないので放置です。

 アクセスの多かったリンク元は、先にあげた鯨エントリでトラックバックを打ったAFP通信からのアクセスが74ありまして、それが最多でした。

 他はいつも通り検索経由ですね。

 公的機関からのアクセスは、環境省からありました。

 ここは結構地球に厳しいブログだと思います。スマンコ。

 マスゴミからのアクセスは、北海道新聞、朝日新聞、岩手日報、TBSからありました。

 来なくていいです。

 外国からのアクセスは、珍しくナシ。

 グローバル引きこもりブログになりましたかな。 意味不明

(2月2日8時前 追記)

 見直してみたところ、イタリア、台湾、アルゼンチン、ベルギー、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランドからのアクセスがありました。

 すごい勢いで見落としてました。

 アイムソーリーです。

 多かった検索ワードは、先にあげた「美しい景観を創る会」と、「auone」、「広瀬哲朗」、「山岸秀匡 逮捕」あたりです。

 どれについても、ここには有効な情報がないあたり、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 特に山岸秀匡の現状については気になるのですが、いかんせんアメリカの話なのでちょっとわかりません。

 後は恒例の、困った検索ワードネタを追記でゴー

続きを読む
posted by さいとう at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のPC・ネット話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道新聞080201

 中国毒餃子ネタ。卓上四季でもネタにしていると言うことで、毎度のしつこいだけで内容ナシなのです。

 政府は中国の食品衛生当局と協力して原因の徹底解明を急ぎ、再発防止を促すべきだ。

(中略)

 ふだんの生活に中国製品は欠かせなくなっている。中国は経済発展に対し、消費者保護が追いついていない。中国政府に一層の安全管理と監督体制の強化を求めるのは喫緊の課題だ。

 正直、批判が足りないと思います。

 えぇ。普段の生活に欠かせない、健康被害もまったく出ていない米国産牛BSEの時のような姿勢が感じられません。

 普段の生活に欠かせなくても、信頼に足りなければ相応の品質になるまで禁輸は当然でしょう。

 なぜそういうことを言えないのでしょう。

 日本の食品会社が賞味期限を偽ったときには随分と一方的に偉そうに何かを言っていたと思いますが、あれは一体何なんでしょうね。

 食の安全以外に、何か別な価値判断が働いていると推測せざるを得ません。

 私は、米国産牛も中国製食品も同じくらいに避けています。

 えぇ。

 買い物の幅が狭まりますよ。

 食べ物にこだわりはそんなにないので、とりあえず何とかなってはいます。

 そんな感じ。

 北海道新聞におかれましては、別に政府や行政を批判しても良いので、その批判が理性的で説得力のあるものであることを期待していません。

 もうどうにもならんでしょ。

posted by さいとう at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日ハムキャンプイン

 オフシーズンは中田中田とウンザリしていて、我らがヒーロー多田野はどうしたと思えばケガでアッー!

 ある意味期待通りの活躍ぶり。

 北海道に移転してからの日ハムは、何かにとりつかれたかのようなネタの供給具合なのですが、一体何があったのでしょうかー

 オリッ鉄とホークスが慌てて二重契約騒動でネタ作りに走るのも理解出来ます。 ェー

 で、今年のハムなんですが、戦力の入れ替えでは、田中幸雄引退、セギノール残念、中村渉、鎌倉健、立石尚行、萩原淳、アンディ・グリーン戦力外に加えて、中継ぎで大活躍だった押本と先発でそこそこやっていた橋本とそこそこ代打で出ていた川島と、ヤクルトの左の元エース藤井と名前は知っている坂元投手と三木内野手とのトレード、そして未知のスレッジさん加入と、こんな感じですかな。

 あとは、バンビューレン投手がどうなのかなと。

 4番と投手の激しい抜けとなりましたが、レギュラー戦力の抜けは去年ほどじゃないので、少しは安心なんでしょうな。

 しかし、ここまで投手を出して投手力の低下があまりないといえてしまうあたり、ハムの投手力は急成長したものですなぁ。

 ドラフト加入選手は、今のところだと、ネタ供給係の中田翔が、どこを守るのかすらよくわからない状態で大注目なんでしょう。

 今日もキャンプ初日から13柵越え/36スイングだそうで、ハムの貴重な長打力として、成長して欲しいと思います。

 言動がいろいろ面白いようですが、私は結果を出せば多少のやんちゃは構わないので、今の時期からどうこう言いません。

 あと、一部マスゴミがやたら清原と比べているのが気になるのですが、私の好みでナンですけど、出来ればそういうものの影響を受けるのは勘弁して欲しいところです。

 他の選手では、左腕の宮西、豊島、浅沼の3選手は、1年目から主戦力になるかもしれないので、怪我しない程度にシゴかれてみましょう。

 大学生の宮西が期待されているとは思うんだけど、去年の吉川みたいな例があるので、他の二人もいきなり頑張りどころです。

 右腕は現状で充実しているので、中継ぎで出られるかどうかという感じになると思いますが、腐らずヒトツ。

 多田野は5月あたりのなんだか微妙な頃にアッー!と登場して、ビジターからのアッー!コールに応える活躍をしてもらえたらと思うのです。 意味不明

 引き続きの選手の中だと、去年の日本シリーズで派手にやらかしたグリンと、クライマックスシリーズから派手にやらかした武田勝の二人がどうなるかがちょっと問題ですかね。

 武田勝は、モーションが読まれていたようなので、フォーム改造をやることになるんでしょうけど、悪い方に転がると長くかかってしまうだろうから、不安ですな。

 グリンの方は本当にわからんので、不慣れなだけでもう大丈夫とか言うのなら何の問題もないのですが、あれで精神的にやられちゃったとか技術的なところの問題とかだと、これまた長くなりそうで不安。

 今年から背番号2になった高橋信二は、去年中盤くらいからリードに不安なく見られたんだけど、これまた日本シリーズでやらかしちゃったので、またまたどうなんだと思うけど、こっちはなんとかなるんじゃないのかなと根拠なく楽観視。

 そして今年から背番号5になっちゃった稲田直人なんですが、小谷野栄一とジョーンズに加えて、スレッジさんや中田翔と競争することになっちゃって大丈夫なのかと思うのですが、最終的にはファースト稲田かなと落ち着いちゃうパターンになるような気がします。

 ただ、それだとまたシーズン終盤まで代打とか守備固めとか地味な役回りになってしまうので、走攻守揃ったところを見せつけてレギュラーをニギニギして欲しいところです。

 とりあえず通算100安打と、ホームランを打って下さいよろしくです。

 ダルヴィッシュとかひちょりとか稲葉とかは、放っておいてもどうにかなると思うので放置。

 以上、思いつきの羅列でした。

 キャンプ、雨にやられなければいいですな。

posted by さいとう at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

2008-02-01のブックマーク(BlogPet)

きのう(2008-02-01)のさいとうのブックマーク。

posted by さいとう at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Blogpet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダボス(BlogPet)

きょうは、沈黙したかったの♪
それでへげもげ太郎はダボス会議冷笑する?

*このエントリは、ブログペットの「へげもげ太郎」が書きました。
posted by さいとう at 07:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | Blogpet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道新聞080202

米艦「ブルーリッジ」入港可能 小樽市 商船予定変更、港に空き(02/02 07:31)

 【小樽】米海軍の揚陸指揮艦「ブルーリッジ」の小樽港寄港問題で、商船のバース(岸壁)利用を優先させるため、米側の要請を断った小樽市に一日、商船の代理店から「入港予定が十日遅れる」と連絡があった。これを受け、同市は一日、小樽海保を通じて米側にバースが空いたことを通知した。

 市港湾部は「商船の日程変更の理由は分からない」とする一方、再度、米側から寄港要請があれば「容認することになるだろう」としている。

 小樽市によると、パナマ船籍の穀物船が八−十三日に小樽入港を予定し、七−十一日に寄港要請したブルーリッジと日程上、かち合っていた。

 米側には、ブルーリッジ寄港を求める場合は再度文書で要請するよう求めており、週明けにも何らかの返答があるとみられる。

 同市にはここ数日間、外務省から「入港を断る根拠は何か」「先に入港すると通知した米軍側を優先すべきだ」など、圧力とも取れる連絡が繰り返しあった。一日は同省北米局日米地位協定室長が山田勝麿市長を訪問。同市幹部によると「市長はこれまで通り商船を優先する考えに変わりはないと回答した」という。

 何の信念だかわかりませんが、約束を反故にすること自体は、決して褒められることじゃありません。

 日米の信頼に関わることですから、そりゃ外務省が出て来るでしょうな。

 で、北海道新聞は相変わらず扇動紙なので、こうした外務省の行為を、米軍艦入港に関係する制度や事実を積み上げることなく、「圧力」とレッテル貼りをしています。

 まぁ、いつもの通りのバカですね。

石狩湾新港に米艦寄港許可 管理組合(01/30 07:42)

 道と石狩市、小樽市でつくる石狩湾新港管理組合は二十九日までに、同港寄港を打診していた米海軍のイージス艦「ジョン・S・マッケイン」(八、三一五トン)の受け入れを決め、小樽海保に回答した。

 寄港は友好親善が目的で、二月六日から十日までの予定。米軍艦の同港寄港は、昨年二月のイージス艦「ステザム」に続き二回目になる。

 同組合が寄港の受け入れを決めた理由は、《1》核の持ち込みはないと外務省が回答した《2》港湾内の航行安全上、支障がないと小樽海保が回答した《3》接岸予定の岸壁を利用するほかの船舶がない−の三点。

 一方、政治団体「市民ネットワーク北海道」は二十九日、同組合と道に「イージス艦寄港は民間港の軍事利用につながる」と抗議し、あらためて入港中止を求める要請を行った。

 君ら、中国駆逐艦には何も言わなかったでしょう。

 もうボロが出ましたよ。

 君ら、ただの反米団体。

 ところで、「市民ネットワーク北海道」は市民団体じゃなくて政治団体なんですね。

 で、この米軍艦寄港についての卓上四季がバカ。

▼商都・小樽の港だ。市長は「商船を追い払ってまで入れるとしたらまるで軍港だ」と語った。正論である。ところが急に岸壁が空いたそうだ。米艦は寄港できる。妙な展開だ。どこかに圧力があったか、誰か「調整」したのか
▼道内港湾は近年、米軍艦船の寄港が目立つ。イラクで戦った空母も来た。室蘭、函館に続き、昨年からは石狩湾新港にも入る。米軍戦略にどう組み込まれているのか、わからない点は多い

 調べたら?

▼自治体の都合や住民の不安に構わず、地位協定を盾にして、入港が実現するよう繰り返し圧力をかける。外務省はそんなライセンスを、一体いつ取ったのだっけ

 自分の貼ったレッテルに勝手に盛り上がってますね。

 つまらないレッテル貼りをしている暇があったら法学の勉強をして下さい。

 こんな、自分の仕事もわからないような論説委員を抱えるアジビラ発行機関が新聞社を名乗れるあたり、日本の新聞社と言うライセンスは、何ら言論の質を担保するものではないようです。

 利権があるだけ。

 社説では日銀総裁には国民の痛みがわかる人をとか言ってますが、こんな利権に胡坐をかいている北海道新聞は、日本国民はおろか、中国国民の痛みも理解できないでしょう。

 北海道新聞の存在価値はゼロですね。

posted by さいとう at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日教組教研集会ニュース

日教組が教研全体集会中止 会場拒否のプリンスホテル提訴も
MSN産経ニュース

 日本教職員組合は1日、2日から3日間の日程で開催する第57回教育研究全国集会について、初日午前の全体集会の開催を中止すると発表した。昭和26年の教研集会開始以来初めて。グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が会場提供を拒み続けており、1日午前の協議で改めて通告した。日教組は損害賠償請求などの訴訟も辞さない構え。

 日教組壊滅を望む人が少なからずいると思いますが、グランドプリンスホテル新高輪が仮処分に従わないという点は、そういうこととは別の話で、法治を否定した点は非難を受けるべきです。

 損害賠償請求をすることには何の問題もありませんし、おそらく請求自体は認められることと思います。

 日教組は「司法制度の根幹を揺るがす暴挙。法治国家においてあるまじきことだ。集会・結社・表現の自由を保障した憲法にも抵触し、断じて容認できない」との抗議声明を発表した。

 ただし、日教組のこの主張は不当です。

 グランドプリンスホテル新高輪はあくまで一私企業であって、言論や集会の自由を実現するための環境を設置する使命を帯びた組織ではありません。

 ホテル側にビジネス以上のものを要求するのは酷ですし、不当です。

 法的な話以外について言えば、代替地の確保はどのくらいやっていたのか気になるくらいでしょうか。

 そんなもんですね。

 それにしても、日教組に限らず、日本国憲法のことをよくわからない人達は、こうして安易に私人に対して憲法を振りかざしますね。

 おそらく、北海道新聞も社説で数日中に同じような文章を書くことでしょう。

 憲法は、公権力を法で規制して、国民の自由を確保するのが主目的で制定されるものです。

 私人は平等です。

 一方的に自由を振りかざして良い関係ではありません。

 憲法のことをとやかく言う前に、憲法の勉強でもしたらどうですかと言って思い出したのですが、教員免許をとるためには、日本国憲法は必修だったはずです。

 どうしようもないなぁ。

posted by さいとう at 18:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

PSU080202

 ここ二日くらいのジャッゴさん。

 ジャッゴ・デルマなしのションボリな感じ。

 ところで、いつからかわからないのですが、薬品系基板のドロップが全然ないなぁと思って、今までならほぼ確実に薬品系基板が拾えた原生生物鎮圧ミッションをやってみたら、今まで基板をバカみたいに落としてくれたコンテナから薬品系現物アイテムしか出てきませんでした。

 薬品系アイテムは、従来から現物が充分に拾えていたし、素材と基板のドロップバランスが全然釣りあってなくて、売っても安いし、ミッション中からして薬品系基板がアイテム欄を圧迫する嫌がらせにしか思えない状態だったので、ドロップがなくなって清々したのは良いのですが、果たしてドロップテーブルから削除されたのか、単に確率が極端に減っただけなのか、判断できるほどデータの蓄積はありません。

 スケープドールなど、ドロップのみの基板もあったのですが、どうなっているんでしょうね。

 今まで拾えなかった消費アイテムの現物が拾えるようになっているので、基板から現物にテーブルが換えられたのかもしれませんが、これも憶測の域を出ません。

 確信が得られるまで潜ろうと思います。 廃人っ

posted by さいとう at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | PhantasyStarUniverse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008-02-02のブックマーク(BlogPet)

きのう(2008-02-02)のさいとうのブックマーク。

posted by さいとう at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Blogpet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買い付け品080203

 リボルテックなやつをいろいろ。

リボルテック ダンボー

 今更なうえに、元ネタについての知識がタイトルしかないので、写真だけで。

 リボルテックにしてどうするんだという気もするんだけど、最初の写真のように、バラして角柱として使えるあたり、意義はあるかもしれません。


 中の人。

 名前とか知らんしー

 頭についているスイッチは飾りだと思ったら、目が光るギミックがあったのね。

リボルテックフロイライン 遠坂凛

 元ネタを知らないからって、いい加減な色気ゼロの立ちポーズはどうなんだと思いますが、とりあえずバランスとかの確認用と言うことでヒトツ。

 つうか、絶対領域があればひとまず問題ないですよね。

 付属の短剣と玉つきの手首を装着してみましたの図。

 玉は手首と併せて1パーツで、塗りは甘め。気になる人はリタッチをどうぞ。

 可動はそこそこですが、全体的にジョイント部分が外れやすいですね。

 普通のリボルテックでは見られなかったので、フロイライン固有の問題なのでしょう。

 気になる人は、リボジョイントを外して、ゲート跡の処理具合を確認してみると良いでしょう。

 そこを処理すると、若干収まりが良くなります。

 それでもダメなら必殺の木工用ボンドですかな。

 付属のディスプレイスタンド。

 接続部にリボルバージョイントが使われているので、派手なアクションポーズも大丈夫だと思いますが、そういうポーズをするキャラなのかわからんです。

 それしても、すごい鳥足ですね。

 変形、合体とか、派手なギミックはないので、あとはいろいろ写真を撮ってみたものを垂れ流しておしまいにします。

   ∧_∧   ┌─────────────
  ◯( ´∀` )◯ <セイザーえっくすジャンプだ〜♪
  \    /  └─────────────
 _/ __ \_
(_/   \_)
     lll

 可動のために、お尻の部分がかなり悲劇的なことになっているので、スカートを覗いてモゴモゴとか言うのには全く向いておりません。

 絶対領域を堪能するのが一番無難でしょう。

 リボルテックに希望を見た男、スパイダーマンッ!

 中の人をすり替えておいたのさっ!

 逆さづり世界チャンピオン、スパイダーマンッ!

 もうリボルテック関係ないやん。

 ということで、良い買い物でした。

posted by さいとう at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする