ウェブログさいとう
2004年4月1日あたりから記録開始

引きこもりおっさんのチラシの裏ブログ(`Д´)

2008年01月01日

2007-12-31のブックマーク(BlogPet)

きのう(2007-12-31)のさいとうのブックマーク。

posted by さいとう at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Blogpet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセス解析0712

 元日と言えばアクセス解析です。

 年末と言うことで若干減少したかと、そんな感じでしょうな。

 アクセスの多かったエントリは、「auoneで頓挫してみた(100UA,115PV)と、「アフィリエイト報告0711(36UA,92PV)でした。

 …auone、本当に今はもう大丈夫だからっ auの回し者かよ

 あと、アフィリエイト報告エントリに貼り付けてある六法は、古い物なので買っちゃダメー じゃあ削除しろよ

 リンク元は先月も検索経由がほとんどでした。安心。

 公的機関からのアクセスは、衆議院、財務省、米海軍、

 マスゴミからのアクセスは、NHK、朝日新聞から。

 別に来なくて良いです。

 北海道新聞からは7アクセス。いい加減にしろっ

 外国からのアクセスは、香港、オーストラリア、米国、アルゼンチン、台湾、フランスあたりから。

 ハローハロー86ー86ーハムーハムー 意味不明

 Blogpetのアクセス解析がヴァージョンアップして、ドメインごとにまとめてリモートホストを表示してくれるようになったので、抽出は楽になりましたわー

 多かった検索ワードは、「au」(47PV)が圧倒的でした。

 本当にau好きなのね。

 あとは今年もやります困った検索ワードいじりを追記で。

続きを読む
posted by さいとう at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のPC・ネット話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道新聞080101

 今年の社説は、正気とは思えない文章を5回にわたって垂れ流した去年のものと比べると、環境について何か言っている文章を一回で済ませているあたり、おとなしいものになっていました。

 しかし、文章量の割に事実の例示やそれに基づく考察が少なく、特定思想を披露しているばかりと言う文章になっているので、読んでもためになりません。

 ともに生きてきた地球の仲間が危機にある時、同情や痛みを感じないとすれば、おごりのツケは自らに回ってくるのではないか。

 考えてみると「自然を守れ」という言い方は人間のおごりかもしれない。人間が自然に守られている、あるいは人間も自然の一部にすぎない−。遠い昔は広く共有され、いまもアイヌ民族などに残る思想だ。

 そのように考えなくなったのは近代の工業・都市文明からだと言ってよい。地球環境を悪化させた要因は、消費をあおり、資源をムダ遣いして顧みない経済・社会の構造にある

 毎日クズ紙を配って歩く企業をどうにかしたいと思うんですけど、どうしましょうかね。

 私は全く不要だし、家族が必要としているのは、ほんの数ページだけなんですけど、そういう売り方してくれないんですよね。

 困ったもんですよ。

 国連開発計画の報告書は、米フロリダ州のエアコン一台が一年間に出す温室効果ガスの量は、カンボジアの国民一人が一生かかって出す量より多い、と指摘している。

 自分たちが豊かになっていないのに、先に発展した国のせいで、真っ先に温暖化の影響にさらされる。発展途上国には、理不尽な話だ

  自国では環境に配慮しても、金稼ぎに暴走している発展途上国に環境を害されている先進国の話をしても良いですか。

 発展した国が自ら汚染されてたら自業自得とか言う問題じゃないんだから、理不尽とかいう発想は間抜けです。

 先頭に立って汗をかくのは、サミットのホスト国で、国際協調のもとでしか生きられない日本でなければならない。従来のように模様眺めをしている場合ではない。

 そして政府や企業の背中を押すのは世論だ。各国の世論が連帯し、国家の利害を超えた、地球民主主義とも言うべき考え方が求められる。

 地球民主主義?

 世論とやらを操作したり弾圧したりしている国すらある状況でこんなことを言えるのは、よほど現状がわかってないかバカかですよ。

 しかも、北海道新聞は世論を操作したり弾圧したりする側に親和的な主張をしていますよね。

 冗談にしては笑えません。

 「高齢者は、自分がその下で憩うことのない木を植える」

 二十世紀を代表する米国の評論家ウォルター・リップマンの言葉だ。

 高齢者を「現代人」と置き換えてみよう。民主主義は、その時代に生きる者の幸せだけでなく、子孫の幸せをも視野に入れなければならない、ということだろう

 民主主義じゃない中国は環境のことを考えなくても良いと言うことですか?

 先程の地球民主主義とか言う珍説と併せて、北海道新聞の言う民主主義と言うもののが理解出来ないので、そこを見ていると何を言っているのか分かりません。

 将来のために今からちょっとずついろいろガマンしようとか、その程度のことを言うのにもこうしてグチャグチャして見せるあたり、今年の北海道新聞もひどいんだろうなと推測するに十分な文章です。

 地球環境という共通の課題を通じて、人類の未来への「想像力」をめぐらせ、行動する時である。

 未来のことは推測するしかないのですが、推測するためには現在までの事実を正確に知ることが大事で、それが欠けた想像とやらは、ただの思いつきです。

 想像と言うか、創造ですね。悪い意味で。

 北海道新聞の創造にはもうウンザリですので、少しは事実を集める方向に動いて欲しいと思うのですが、思うだけ無駄なのでどうでもいいです。

 ついでに卓上四季。

▼現代文で要約すると「わたしが北海道に渡ろうとしたころから、新しい国を開くことは一生の思いです。一人でもやります」。明治の開拓は先住するアイヌ民族の収奪を伴ったが、龍馬ならどうしたか

▼同じころドイツ人ガルトネル兄弟は、道南の七飯に実験農場を開き、寒冷地に適した農業を追求した。千ヘクタールの土地を租借する契約を交わしている。兄弟のブナ林は、いまも保護されている

百四十年も昔の話だ。ほかにも多くの人が、北海道の可能性をさまざまに信じた。たまに振り返るのも悪くない。今ここで何かできる、そう信じる力が生まれる

 収奪した土地に可能性ですか。

 アイヌを踏みにじって生まれた「信じる力」ですね。

 北海道新聞のアイヌに対する姿勢はこの程度ですが、アイヌの北海道新聞を「信じる力」はどれほどでしょう。

 本当、アイヌのことなんか全く考えてないのが丸分かりですね。

posted by さいとう at 15:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

2008-01-01のブックマーク(BlogPet)

きのう(2008-01-01)のさいとうのブックマーク。

posted by さいとう at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Blogpet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

北海道新聞アクセス080102

 あけましておめでとうございます。

 仕事始めか何かですか。

posted by さいとう at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国マスゴミ支離滅裂ニュース

「世界一の肉まん」は、なんと日本!―神奈川
Record China

肉まんと言えば、北京のダンボール入り肉まんの記憶が新しいが、ダンボール入り肉まんの話題を伝えた北京テレビ局の担当アナウンサーが、夫の浮気を公表するなど何かとお騒がせが続いている。

日本でもおなじみですっかり定番メニューの肉まんといえば、井村屋製菓(本社.津市)や山崎製パン(本社.東京)などがある。コンビニ店でアツアツホカホカ状態で気楽に購入でき、寒い日にはとっても便利。中国では日本の「年越しそば」と同じように「年越し肉まん」を食べる地域があるとのうわさを聞いたことがある。

そんな身近な肉まんに、「中国料理世界チャンピオン世界一の肉まん」と看板を出しているのは、横浜中華街の皇朝。

中国料理世界大会で金メダルを獲得した4人の調理人がレシピを管理しているそうだ。世界一の肉まんは、かなり小さく少々口を大きく開ければ一口サイズで90円。味はさすがに美味い。風味と弾力のある皮の部分と、ジューシーな餡のハーモニーが絶妙な味わいだ。ネット通販でも人気があると言う。(取材/朝日

 いいからアルコール抜け。

 何が言いたいのかさっぱりわからん。

夏休みの読書感想文―実例から学べる書き方・まとめ方 夏休みの読書感想文―実例から学べる書き方・まとめ方
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 夏休みの読書感想文―実例から学べる書き方・まとめ方
[著者] 井沢 忠夫
[種類] 単行本
[発売日] 1990-07
[出版社] ..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by さいとう at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

北海道新聞080104

 正月も終わって通常運転に戻ったようで、テロ根絶とかいうフリをした反米丸出しの文章を出していました。

 卓上四季も似たような感じ。

 今年も両方揃って質の低さをアピールですね。

 ツッコミどころは多いのですが、従来の繰り返しになることと、初っ端の救いようのなさから、突っ込む気力もなくなったので、軽く触れるだけにします。

 「テロ警戒」の看板を見たからといって、人々がテロの脅威を肌身に感じるわけではないだろう。

だが、遠い出来事であったはずのテロが、暮らしのなかに静かに影を落としている風景には違いない。

 はぁ…

 地下鉄サリン事件を一から説明しないとならないのでしょうか。

 道庁爆破事件を一から説明しないとならないのでしょうか。

 その他の日本のテロについて、全部一から説明しないとならないのでしょうか。

 北海道新聞のテロに対する意識はよくわかりましたし、それがわかったところで全く何の役に立たないこともよくわかりました。

 そう言えば、北海道新聞は戦争の記憶が風化されるとか必死に言っていた記憶があるのですが、実際にこうして記憶が風化したところを見せつける事で、自らの主張を補強しているのですね。

 テロの被害者に何か言うことはないのでしょうか。

 今日の紙面では、見開きを使っての「幼児化ニッポン」とか言う不快な対談があったのですが、量が量だけに、思い立ったら日を改めてネタにするかもしれません。

 北海道新聞は幼児ですらないよねと言う突っ込みは、規定路線ですな。

 幼児にだってプライドはあります。

 ところで、こういう記事を見かけました。

北海道新聞社員を逮捕:札幌 飲食店員殴った傷害容疑 - 毎日jp(毎日新聞)

 札幌中央署は3日、北海道新聞社員で制作局所属の男(36)を傷害の疑いで逮捕した。

 調べでは、男は先月20日午前0時45分ごろ、札幌市中央区南4西3のニュークラブで飲食代金の支払いを巡り店側と言い争いになり、男性従業員(31)の顔面を数回殴ってけがをさせた疑い。

 男が事件直後に精神疾患の治療を受けていることを理由に同署は匿名で発表した。同社経営企画室は「社員が逮捕された事実を重く受け止め、社員の指導・教育をこれまで以上に徹底する」とコメントした。

【鈴木勝一】

 今のところ、北海道新聞には該当記事はありません。

 自社の情報すら他紙より遅いなんて、報道機関だったら許されません。

 アジビラで良かったと胸を撫で下ろしているところでしょう。

posted by さいとう at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鯨キチガイ反日風味ニュース080104


 そうだね。ただの反日団体だね。

 一見して反捕鯨運動とわからないあたり、反捕鯨じゃない組織から支援を受けて活動しているんじゃないかと推測してしまうのですが、軽率でしょうか。

 それにしても、昨今の反捕鯨運動のテロリスト化を見るにつけ、日本のテロ対策は捕鯨政策と関連付けられるのが自然なのかなとも思うところです。

 水産資源に関しては、鯨だけでなくマグロなんかも加わって、こんなレベルで悶着している場合じゃないので、議論が正常化することを望んではいるのですが、多分無理でしょう。
posted by さいとう at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道新聞アクセス080104

 北海道新聞には言葉が通じないから困ります。


 傷害罪を犯したの自社員のことが気になるのですか?

 ぐぐる前にWebに記事出したらどうですかね。自称報道機関。

posted by さいとう at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

いとうとか獲得された(BlogPet)

きょうへげもげ太郎は、いとうとか獲得された!

*このエントリは、ブログペットの「へげもげ太郎」が書きました。
posted by さいとう at 08:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | Blogpet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする